適度なピーリング

ピーリングをすると肌のごわつきが無くなるので、肌のターンオーバーを正常に導く事が出来ます。美容クリニックでも出来ますが、ドラッグストア等で手に入るプチプラのピーリングでもOKです。コツは、肌に負担を掛けないようにピーリングを行う事です。元々ピーリングは肌上をこするので、肌に負担を掛けてしまいます。肌に負担を掛けない為には、規定よりも多少多めのピーリングを肌に乗せましょう。肌上をクルクルする時に、指先が動きやすい位にしてあげると、肌の負担が軽くなります。ただし、やり過ぎてしまうと肌負担に変わってしまいますので、頻繁にやってはいけません。多くても、週1程度に抑えましょう。

適度なピーリング

紫外線を浴びてしまうと、肌の力がどんどん弱まってしまいます。肌のターンオーバーも乱れてしまいますので、お出かけする時には必ずUVケアをしましょう。少しのお出かけでも、SPF20程度の日焼け止めを付けてお出かけしましょう。ちょっとのお出かけでも、立派に紫外線は浴びてしまいます。その少しの紫外線が肌に蓄積すると、大変恐ろしい事になってしまいます。日傘や帽子等も、UV効果のある物を使うとなお良いでしょう。また、晴れていなくても紫外線は出ているので、曇りの日も雨の日もUV対策はきちんとしましょう。紫外線対策をするかしないかで、美肌は決まるとも言われています。

UVケアをしよう

肌に大事な成分セラミドは、肌のターンオーバーが正常になる事で沢山作られます。肌のターンオーバーが正常では無いと、セラミドを作る頻度も遅くなってしまいます。肌内のセラミドが減っていってしまいますので、乾燥肌や肌トラブルを引き起こしてしまいます。更に、肌のターンオーバーが乱れていると、セラミドが作られない所かセラミドをスキンケアで補っても、上手く肌に響かせる事が出来なくなってしまいます。セラミドをスキンケアで補う時は、肌のターンオーバーも正常化させてあげなければならないと言えるでしょう。

肌のターンオーバーが正常であれば、セラミド作成に役立つ

寝不足や夜更かしは、肌のターンオーバーを簡単に乱してしまいます。1番勘違いされている事が多い事実は、結果的に睡眠を取っていても、肌のゴールデンタイムを生かしていない睡眠は、肌のターンオーバー正常化に役立たないという事。22時~2時は、熟睡するように心がけましょう。きちんとした熟睡をする為には、寝具もとても大事となります。体に合っていない敷布団やまくらは、安眠を促す事が出来ない事がありますので、意外と重要です。枕1つ変えただけで、睡眠の質が変わる事があります。安眠に満足がいかない場合は、寝具を見直してみるのも1つの方法と言えます。

寝不足は厳禁

22時~2時のお肌のゴールデンタイムは、熟睡が必須となっています。しかし、この時間帯は、熟睡だけじゃなく肌のコンディションを整えておくことも大事となります。肌のターンオーバーを活性化させる事が出来る時間帯ですので、22時までは肌を綺麗に整えておきましょう。22時までは、メイクを綺麗に落としましょう。きちんと綺麗にメイクを落として、肌の上に不純物や汚れを乗せっ放しにしないようにしましょう。また、スキンケアも綺麗に終わらせておきましょう。タップリの水分を与えて、肌を潤わせておきましょう。また、シートマスク等のスペシャルケアも、22時までには終わらせておくようにしましょう。肌代謝をスムーズに行わせる事が出来るので、より一層スキンケアが肌に映えます